ホーム
> 宁波ニュース > 市民の声
第3回「宁波へ緑?庭へ贵」苗木赠呈イベント 开催
2019-03-11フォントサイズ: A A A

 春がめいてきた。3月12日は第41の植树节である。近日、第3回「宁波へ緑庭へ贵」苗木赠呈イベントが缲り広げられ、15万本苗が行政机関、部队、学校、农村、市民の手に届けられていた。3月8日、宁波市自然资源规画局によると、ここ数年、市はすでに累计380万本を植树したという。


 现在、全市森林被覆比率が48%ぐらい、平原林木20%、区緑化率39.85%、緑地率36.56%、1人当たり公共緑地面积11.5㎡に上ったという。

2013年から、宁波は累计生态回复3.4万ムー、生态公益林20万ムーが新たに増加し、6年の年月をかけ、宁波市は现在四明山地区の森林被覆比率が73%、森林蓄积量225万立方メートル、区域内水源地の饮用水水质は皆Ⅱ类以上に达したという。


【印刷】 【闭じる】